社員基本アドバンストコース(JP)

新入社員研修フォローの位置づけ。入社半年後が目安

~ 手取り足取りの育成から卒業し自ら成長するプロ社員になる ~
早期戦力化を阻む意識や行動に気づき、それを克服する力を養います。
セミプロ社員から本物のプロ社員に成長するための核となる考え方と基礎能力を習得します

こんな課題を解決します/期待される効果

「言われたこと +α」の行動ができるようになる

「言われたことを言われた通りに」「まずは御用聞きから」という段階を卒業し、自ら周囲を活用して成果を上げるプロセスを学びます

基本に立ち返り崩れや乱れを見直し再徹底する

あいさつ、勤務態度、先輩・上司との付き合い方など、なじむことと、なれあうことは別物。基本を見直し、初心に立ち戻ります

"所詮自分はこの程度"という固定観念を壊す

この時期、自信を失い、自分の可能性をあきらめる人も多いため、強みの再発見を行います。一方で、過信する人には地道な行動を促します

概 要

入社半年が経つと、以下のような傾向がみられます。
●社内の雰囲気にひるんでしまい、自分から話し掛けられない
●報連相などの基本的な行動が崩れ、規律を疎かにしがちである
●成果も出さずに、評価されることばかりを求めている
●周囲の協力を引き出せず、全て自分で抱え込んでしまっている

たとえ転んだり、“壁”にぶつかっても、自分の意志で立ち上がり、更に一段上へと自ら成長できる人材へ!職場環境を活用して、自分をさらに成長させようとするプロ社員への自己変革を目指します。

こんな意識(行動理論)をこう変える!

これまで  これから

仕事も職場でのコミュニケーションも受身。

自ら積極的に動くことが少ない…

現場でよく見られる行動

仕事も職場でのコミュニケーションも“自ら”

主体的・積極的に、言葉と行動で表している!

当たり障りなくテキトーにしておこう 心得モデル

積極的に活用しよう

 下手に働きかけると、自分の首が絞まるだけ 因果理論

積極的に活用するからこそ、組織に成果をもたらすことができ、

結果、自己実現につながる

職場は自分を縛る場所

 観

職場は自分を活かす場所

コースカリキュラム

1.事前学習
受講の目的やご自身の課題を上司と統合した上で、ご参加ください。
2.集合研修/3日間通い
1日目

●開 講(9:00~) オリエンテーション

●このコースの狙い

●グループづくり

●企業におけるプロとは

●プロ創造のための「職場環境活用プロセス理論」

 (1)第1段階

 (2)第2段階(ケーススタディ)

●行動の基本の“おさらい1”

●個人課題(宿題)

2日目

●復 習(9:00~)

●行動の基本の“おさらい2”

●「職場環境活用プロセス理論」(つづき)

 (3)第3段階(ケーススタディ)

●行動の基本の“おさらい3”

●ワーク1:強み再発見会議

●「職場環境活用プロセス理論」(つづき)

 (4)第4段階(ケーススタディ)

●ワーク2:自分のストレス傾向分析

●個人課題(宿題)

3日目

●復 習(9:00~)

●行動の基本の“おさらい4”

●「職場環境活用プロセス理論」(つづき)

 (5)第5段階(ケーススタディ)

●ワーク3:メタ認知(シート作成~ダイアログ)

●ワーク4:成長セルフチェックシート

●決意表明

●閉 講(17:00)

3.研修後実践課題
実践課題を上司と統合し、実務に活用してください。

標準カリキュラムを掲載しています。お客様企業一社でのご実施の場合、ご要望に合わせてカスタマイズいたします。

ご受講者の声

社会人とは、仕事とは何だろうとよくわからなくなり、自分の中で迷いが生じることがよくあり、今回の研修で、様々な段階での課題などを自分の中で明確にしていくことが大切なんだと、気づくことができた。(公開コース受講者)
丁度、時期的にも壁に当たる時だったので、乗り越えるためのアドバイスをしていただけたと思う。(公開コース受講者)

経営変革を実現します

お客様がその先のお客様に選ばれ続けるために、ジェックは「共創型コンサルティング」でご支援します。
メールマガジン購読・お問い合わせはこちらから。
株式会社ジェック
〒170-6020
東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階
03(3986)6365(代)