創造的問題解決力向上コース(MK)

1.経営者~リーダー対象 2.職場ぐるみ 3.ソリューション営業

~ 問題解決の質を変え、ビジネスにおける "名問題解決者" をつくる ~
目の前の問題を解決するだけでなく、
目指す姿実現のために、潜在的な問題を浮きぼりにし、創造的な解決策を導くことができます

こんな課題を解決します/期待される効果

未来に向けた問題解決をしたい

もぐらたたきのような目の前の問題解決に追われるのではなく、目指す姿を見据えた、中長期の視点で創造的な問題解決を図ります

問題解決のセオリーを知りたい

問題解決の効果的な進め方、思考回路、チェックポイントなど、9マスのマンダラ型問題解決チャートで高度に単純化したツールを提供します

精度の高い解決策を創りたい

問題解決にあたり、ビジネスにおけるものの見方や考え方の確立や、一石五鳥十鳥の波及効果の高い打ち手を創るトレーニングを行います

概 要

問題意識や危機意識はあるが、なかなか手をつけられていない。戦略的発想を身につけ、創造的な問題解決ができるようになりたい。問題解決の質を変えたい。こういった、お声をよくお聞きします。

このコースは、9マスのマンダラ型の問題解決チャートを使って、「目指す姿の実現に向けた」創造的な問題解決を図ります。問題解決のテクニックだけでなく、自律要因思考、全体最適の視点、自分やチームメンバーを信じているか、など、自分自身のものの見方や考え方を確立することで、よりよい解決策づくりを図ります。
また、自分だけでなく、チームで取り組むことで、問題解決思考の共有、問題の構造の俯瞰化、アイデアの創発による創造的な解決策の構築など、よりよい解決策づくりと、組織文化の改革にもつながります。


こんな意識(行動理論)をこう変える!

これまで  これから

もぐらたたきのように

問題の対応に追われている

現場でよく見られる行動

目指す姿実現に向けて

常に新しい手を打っている

目の前の問題に対処しよう 心得モデル 数カ月先、数年先を考えて問題を創ろう

 目の前の問題をつぶすことができれば

仕事がうまくすすむだろう

因果理論

目の前の問題だけでなく

これから何が問題になるかを考えて

先手先手で手を打とう 

問題は今の業務を妨げる

やっかいなものである

 観

問題は"目指す姿実現"のための

取り組み課題である

コースカリキュラム

1.事前学習
受講の目的やご自身の課題を上司と統合した上で、ご参加ください。
2.集合研修/2泊3日(合宿制)
1日目

●開 講 オリエンテーション

●このコースの狙い

●受講者紹介

●職場の問題の認知の共有化

●職場の問題の絞り込みと解決策づくり(グループ討議)

●J理論とは

●解決策の発表(グループ発表)

●MK(問題解決)チャート説明  

●個人課題 個人・チームの問題解決研究

2日目

●復 習

●MKチャートにもとづいて問題解決の発表

  グループ発表と全体討議

  個人発表と全体討議

●アクション・プラン説明

●個人課題 問題解決策の見直しとアクションプラン作成

3日目

●復 習

●MKチャートとアクションプランの発表

  グループ発表と全体討議

  個人発表と全体討議

●まとめ

●閉 講

3.研修後実践課題
実践課題を上司と統合し、実務に活用してください。

アクションプラン実行を確実にするための、PDCA会議をご実施ください(別途ご提案いたします)

*集合型の標準カリキュラムを掲載しています。オンラインでの実施も可能です。
*公開コースがある場合は、標準カリキュラムで実施しますが、オンライン開催の場合は、日数・時間・内容に変更が生じる場合があります。
*お客様企業一社でご実施の場合、ご要望に合わせてカスタマイズいたします。

コース関連資料イメージ

画像をクリックすると拡大します

経営変革を実現します

お客様がその先のお客様に選ばれ続けるために、ジェックは「共創型コンサルティング」でご支援します。
メールマガジン購読・お問い合わせはこちらから。