経験から学び成長するサイクル

経験学習サイクルと「自分の行動選択の理由」


経験から学び成長するには、「自分の行動選択の理由」を知る。
「経験学習」のフレームワークを知り、自分を振り返ると、人は成長する。
それが、 誰もが持っている「誰かの・何かの役に立ちたい」お役立ち道とつながると
さらにパワーアップする。

​​​​​​​


  • 経験学習サイクルとは、ディビット・コルブ(アメリカの学者)が、1984年に提唱した理論です。

人は、以下のサイクルを回す事で ”経験から学び、成長する” とされています。
①「具体的な経験」をした後、
②その内容を「振り返り」
③そこから「教訓」を引き出して
④その教訓を「新しい状況に適用する」



経験から学び成長するサイクル



①具体的な経験 ②経験を振り返る ③経験から教訓を引き出す ④新しい状況に適応する



  • さらに、大きく、「行動」と「振り返り」の2種類に分けられます。



経験から学び成長するサイクル




 大切なことは、日々、お役立ち道を歩む中で、上にある「行動」だけではなく、下にある「振り返り」をすることです。

その「振り返り」の中でも、特に左下の「抽象的概念化」、経験から教訓を引き出す、が特に大切です。

これは、簡単に言うと、振り返りから得た「自分なりの教訓」を「自分の言葉」に落とし込むことです。

「自分の言葉」に落とし込むことで、貴重な経験から成長のエッセンスを取り出せるのです。

 そして、このエッセンスを次の新しい状況に適用させて・・・というサイクルを回す事で、経験からどんどん成長できるようになるということです。




株式会社ジェック「お役立ち道ねっと」(別サイトに移ります)
お役立ち道ねっとは、誰もが持っている “誰かの・何かの役に立ちたい” という想いを形にし、
一人ひとりが楽しくより良い社会づくりに参画することを応援するサイトです。


・「自分の言葉」に落とし込むための参考として、ジェックの「行動理論改革モデル」の中にある「三階層」をぜひ、活用してみてください。
・こちらをご参照ください。

なぜあなたはその行動を選択するの


 ぜひお越しください♪


お役立ち道ねっと

いのくり Profile
いの べいた
猪突猛進ならぬ、あちこちキョロキョロ好奇心旺盛で沢山の引き出しを持っている、クリエイティブないのしし。

くり えいと
固定観念にとらわれず、硬い殻を破るのはお手のもの。新しいことが大好きなイノベーティブなくり。

経営変革を実現します

お客様がその先のお客様に選ばれ続けるために、ジェックは「共創型コンサルティング」でご支援します。
メールマガジン配信希望・お問い合わせはこちらから。