【ジェック通信】(経営者、経営企画・人事・人材開発部門向け)サンプル

2019年1月9日(水)発行

Subject: 【ジェック通信】 新人採用の判断基準は「即戦力」へ
このメールは、ジェックからのメール配信を希望されたお客様に配信しております。中止・アドレスの変更については、下記をご覧ください。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ジェック 花子 様
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「新卒一括採用なんて、日本だけ」などと、いかにも日本がダメかのようなことをいう人もいる。そもそも、新卒一括採用とは、「企業が採用後に人材を育成する」という約束のもとに成り立つものである。
もしも、これを全面的になくすと、仕事実力のない新卒は、採用されなくなる。

おそらく、今でもそうだろうが、実力のある学生は、自ら仕事を選び取ることができているだろう。しかし、新卒一括採用がなくなれば、多数の学生は仕事探しに苦労するようになると私は思う。そういう学生は就職斡旋業者のいうがままに、企業に応募し、斡旋業者の言うとおりに企業で通用する基礎教育を受け、就職することになるだろう。

すでに、HRテックは、人材マッチングの道具として、活用され始めているが、いずれ就職斡旋業者は、従前の適正検査などとはレベルの違う「AIを使った適正判断システム」を最大限に活用し、個々人の要望と企業の要望を結びつけ、斡旋するようになるだろう。

つまり、人が人の可能性を見極めて判断するのではなく、少なくとも機械が人をまず「判断」する。機械に絞り込ませてから、人が判断することになるのだろう。すると、応募の母数が足りない、などという話は、きっとなくなるはずだ。

厚生労働省の資料によれば、大卒で31.8%の若者が三年以内に離職している(厚生労働省「平成29年度版 学歴別就職後3年以内離職率の推移」より平成27年度入社社員の離職率)。この傾向は、この20年ほとんど変わっていない。仕事の基礎も身についていない段階で労働市場に出て、自分に合わない、違うことがしたいと転職していく。
このミスマッチは、もったいないと思う。
もしも、それが「機械が下した判断」になったとしても、その人にとって適切な仕事に就くことができ、長期間、働いて仕事の技能を上げる若者が増えるとしたら、それの方が幸せなのかもしれない。



◇◆ 新春企画 ◆◇ ProFuture共催セミナー
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中堅社員を「最強のナンバー2」に育てる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
リーダーの右腕となるナンバー2がいるからこそ組織が活性化し、さらなるイノベーションを生み出すことが可能となるのです。
それを期待されているのが中堅社員です。
日 時: 2019年1月23日(水)14:00~16:30
会 場: TKP東京駅大手町カンファレンスセンター
参加費: 無料(予約制)
内 容:
・なぜ「強いチーム」にナンバー2が必要なのか?
・中堅社員をナンバー2に育てるポイント
・ナンバー2が陥る「落とし穴」を知る
・ジェックプログラムのご紹介
 詳細・お申込み⇒ http://www.×××××

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<グローバルセミナー 開催のご案内(2月/無料)> ※東京・大阪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■テーマ:本社の理念・コンセプトをグローバルで共有するための人材育成取り組み事例
-日本本社とローカル会社との共創のパートナーへ-
-----------------------------
日本・ベトナム・タイ・中国での取り組み事例を通じて、本社の理念・サービスコンセプト・行動規準をワールドワイドに共有するためのポイントを紹介します。
・東京(池袋) :2019年2月20日(水)  http://www.×××××
・大阪(新大阪):2019年2月21日(木)  http://www.×××××

━━━━━━━━━━━━━━━━■□
★あずきの今日のひとこと★
昨年一年かけて、日本のパンダ10頭全部に会ってきました。パンダは中国では「可愛・友愛・金運」などを表す縁起物だそうです。
皆様にとって幸多い一年でありますように。
━━━━━━━━━━━━━━━━

以下、メールフッタ略-----



株式会社ジェック
〒170-6020
東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階
03(3986)6365(代)