歴史を動かす行動理論 土方歳三(ひじかたとしぞう)  「人は人は弱いものである。故に自らの力で自らを制御すべきだ。」

歴史を動かす行動理論土方歳三(ひじかたとしぞう)  「人は人は弱いものである。故に自らの力で自らを制御すべきだ。」行動理論-それは、人の行動を方向づけているその人なりの信念のこと。 我々は、仕事をしている中で、常に自分なりに行動を選択している。 その選択が、正しいこともあれば、失敗することもある。 歴史上の人物もまたしかり。 その時々の行動の選択で、歴史が大きく動いてきた。 何を考え、どう判断し、どのような行動を選択したのか。 戦国時代や幕末の偉人たちの行動理論をひも解いてみよう。現代の我々に共通するものが見つかるかもしれない。

記事を見る

歴史を動かす行動理論 大村益次郎(おおむらますじろう)を推察する  「人は使命を果たすための存在である」

歴史を動かす行動理論 大村益次郎(おおむらますじろう)を推察する  「人は使命を果たすための存在である」行動理論-それは、人の行動を方向づけているその人なりの信念のこと。 我々は、仕事をしている中で、常に自分なりに行動を選択している。 その選択が、正しいこともあれば、失敗することもある。 歴史上の人物もまたしかり。 その時々の行動の選択で、歴史が大きく動いてきた。 何を考え、どう判断し、どのような行動を選択したのか。 戦国時代や幕末の偉人たちの行動理論をひも解いてみよう。現代の我々に共通するものが見つかるかもしれない。

記事を見る

問題の根底には組織風土

「またか」と思わせるようなシステム障害の連続。 その調査報告書では、「組織風土」に関して以下のようなことが記載されていた。 ・自らの持ち場を越えた積極的・自発的な行動によって問題を解決する姿勢が弱い場面がみられた。 ・障害の内容や顧客への影響の全容が明確ではない時点での発言を、リスクがあるものとして控えていた状況もあった。 その背景には、役職員が積極的な姿勢に欠ける要因としては、積極的に声を上げて責任問題となるリスクよりも、持ち場でやれることはやっていたといえる行動をとる方が、組織内で合理的な選択肢となる組織風土を指摘している。

記事を見る

コングロマリット・ディスカウント

中小企業でも、組織図があり、各組織がさまざまな機能を果たしている。 組織を越えて連携を図り、仕事の相乗効果を出しましょうとわかっていても、いざ組織横断的なプロジェクトが始めると、それぞれの組織の思惑に翻弄され、これなら自組織だけで したほうが良い仕事ができたと思うケースがある。 もしくは、何となく、落としどころが事前に組織で共有されていてそこに無難に落ち着いて一安心する。 水面下では、感情的な摩擦が生じていたり、それを見て見ぬふりをしたり、人には見せない心の中もざわざわする。

記事を見る

そろそろ新入社員がやってくる!

答えのない時代  新人は「育てる」のではなく、「自ら育つ」という視点で考えてみた。 入社したばかりの新人に役割を与える?私の社内の指導名人は、小さなこと(やって当然のこと、少々背伸びすればできるこ と)を新人の日常業務とし、やればできるという前提で大らかに新人を見守る。 それを通じて、新人はその分野ではちょっとしたNO.1になる。 すると、周囲が何も言わなくても自ら工夫をし、先輩に対して指導するほどになる。 先輩も後輩に指導され、「あれっ。確かにそうだよな。」と新鮮な気づきにつながる。企業が置かれていた長い歴史や背景もあり、私たちは「新人育成」に対して、 「新人は周囲が育成するもの。してあげるもの。」という固定された価値観がしみついていないだろうか?

記事を見る

色の働き~虹は7色が当たり前か~

虹は7色だという当たり前が海外では違うそうだ。 それを聞いたとき、腰が抜けそうなほど驚いたのはわたしだけだろうか。 日本人は目が黒い。それは欧米人の茶色や青い目よりもより色を識別する能力があり、色を楽しむという点で恵まれていると先生に教えてもらった。 (画家の話も、虹の話も、カラーセミナーの先生の話から意訳して表現) ネットで調べてみると、虹はアメリカやイギリスでは6色、ドイツや中国では5色、ロシアでは4色だそうだ。(目の色だけでなく、地理的な違いも大きく影響していると思う。)

記事を見る





いのくり Profile
いの べいた
猪突猛進ならぬ、あちこちキョロキョロ好奇心旺盛で沢山の引き出しを持っている、クリエイティブないのしし。

くり えいと
固定観念にとらわれず、硬い殻を破るのはお手のもの。新しいことが大好きなイノベーティブなくり。

経営変革を実現します

お客様がその先のお客様に選ばれ続けるために、ジェックは「共創型コンサルティング」でご支援します。
メールマガジン購読・お問い合わせはこちらから。