仕事のコントロールは自分次第か?

先日、ある企業様でタイムマネジメントコースが実施された。 生産性の向上(業務の効率化や、残業を減らす)といったことを期待しての実施でした。 このように、業務の効率化への取り組みに、着手されている企業様は少なくありません。そのような中で、タイムマネジメントに関する課題の認識合わせと、時間活用シートの業務分析(緊急度と重要度)、自身の役割認識、グループワークと共有を行ないました。 それを通じて、自身の価値観の振り返りや所属している企業の方針・戦略と日常業務の連鎖、部門間連携、人を育てるマネジメントなどの課題に自ずと目が向いていきます。 つまり、きっかけの行動に移ったところで、ここからが本番です。

記事を見る

歴史を動かす行動理論 本多忠勝(ほんだただかつ)を推察する  周囲の信を得る武将としての人柄と忠義一筋の生き方

歴史を動かす行動理論  本多忠勝(ほんだただかつ)を推察する  周囲の信を得る武将としての人柄と忠行動理論-それは、人の行動を方向づけているその人なりの信念のこと。 我々は、仕事をしている中で、常に自分なりに行動を選択している。 その選択が、正しいこともあれば、失敗することもある。 歴史上の人物もまたしかり。 その時々の行動の選択で、歴史が大きく動いてきた。 何を考え、どう判断し、どのような行動を選択したのか。 戦国時代や幕末の偉人たちの行動理論をひも解いてみよう。現代の我々に共通するものが見つかるかもしれない。忠義一筋の生き方

記事を見る

歴史を動かす行動理論 上杉鷹山(うえすぎようざん)を推察する  「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」

歴史を動かす行動理論 上杉鷹山(うえすぎようざん)を推察する  「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」行動理論-それは、人の行動を方向づけているその人なりの信念のこと。 我々は、仕事をしている中で、常に自分なりに行動を選択している。 その選択が、正しいこともあれば、失敗することもある。 歴史上の人物もまたしかり。 その時々の行動の選択で、歴史が大きく動いてきた。 何を考え、どう判断し、どのような行動を選択したのか。 戦国時代や幕末の偉人たちの行動理論をひも解いてみよう。現代の我々に共通するものが見つかるかもしれない。

記事を見る

歴史を動かす行動理論 お市の方(おいちのかた)を推察する  時代に翻弄される中で、どのような行動理論が彼女を動かしたのか

歴史を動かす行動理論 お市の方(おいちのかた)を推察する  時代に翻弄される中で、どのような行動理論が彼女を動かしたのか 行動理論-それは、人の行動を方向づけているその人なりの信念のこと。 我々は、仕事をしている中で、常に自分なりに行動を選択している。 その選択が、正しいこともあれば、失敗することもある。 歴史上の人物もまたしかり。 その時々の行動の選択で、歴史が大きく動いてきた。 何を考え、どう判断し、どのような行動を選択したのか。 戦国時代や幕末の偉人たちの行動理論をひも解いてみよう。現代の我々に共通するものが見つかるかもしれない。

記事を見る

答えは質問(問い)に依存する

答えは質問(問い)に依存する各種アプリのサポートセンターを利用することが多い。 利用の仕方としては、問い合わせフォームに入力し、その後メールのやりとりで欲しい解決策を得ることが大部分を占める。 その過程で、「質問(問い)の仕方」で解決策に行きつくのに時間がかかることが悩みだった。ひどい場合には、質問(問い)の意図を理解してもらえない時もある。それを解決するには?

記事を見る

歴史を動かす行動理論 北条政子(ほうじょうまさこ)を推察する  鎌倉政権を守り続けた彼女の行動理論

歴史を動かす行動理論 北条政子(ほうじょうまさこ)を推察する  鎌倉政権を守り続けた彼女の行動理論 行動理論-それは、人の行動を方向づけているその人なりの信念のこと。 我々は、仕事をしている中で、常に自分なりに行動を選択している。 その選択が、正しいこともあれば、失敗することもある。 歴史上の人物もまたしかり。 その時々の行動の選択で、歴史が大きく動いてきた。 何を考え、どう判断し、どのような行動を選択したのか。 戦国時代や幕末の偉人たちの行動理論をひも解いてみよう。現代の我々に共通するものが見つかるかもしれない。

記事を見る

歴史を動かす行動理論 井伊直弼(いいなおすけ)を推察する  一期一会の精神 ~『茶湯一会集』より~

歴史を動かす行動理論  井伊直弼(いいなおすけ)を推察する  一期一会の精神 ~『茶湯一会集』より~行動理論-それは、人の行動を方向づけているその人なりの信念のこと。 我々は、仕事をしている中で、常に自分なりに行動を選択している。 その選択が、正しいこともあれば、失敗することもある。 歴史上の人物もまたしかり。 その時々の行動の選択で、歴史が大きく動いてきた。 何を考え、どう判断し、どのような行動を選択したのか。 戦国時代や幕末の偉人たちの行動理論をひも解いてみよう。現代の我々に共通するものが見つかるかもしれない。

記事を見る

歴史を動かす行動理論 高杉晋作(たかすぎしんさく)を推察する  どのような行動理論に基づいて生き、死んだのか?

歴史を動かす行動理論 高杉晋作(たかすぎしんさく)を推察する  どのような行動理論に基づいて生き、死んだのか?行動理論-それは、人の行動を方向づけているその人なりの信念のこと。 我々は、仕事をしている中で、常に自分なりに行動を選択している。 その選択が、正しいこともあれば、失敗することもある。 歴史上の人物もまたしかり。 その時々の行動の選択で、歴史が大きく動いてきた。 何を考え、どう判断し、どのような行動を選択したのか。 戦国時代や幕末の偉人たちの行動理論をひも解いてみよう。現代の我々に共通するものが見つかるかもしれない。

記事を見る

入社10年目社員:織仲慧汰の疑問日記5月17日

私、織仲慧汰は某メーカー企業の大阪地区の支社に勤務する 入社10年目の中堅社員です。ただ、何年か経つと「何のために働いているんだろう」と。 そう言えば……「何のために」かはまだわからないけど、ウチの会社では、今期方針で「社会貢献」「SDGs」に力を入れはじめるらしい。

記事を見る

歴史を動かす行動理論 福沢諭吉(ふくざわゆきち)  「自らの頭で判断して行動し、自らの人生を自らの手で創り上げる強さを持った人を創る」

歴史を動かす行動理論 福沢諭吉(ふくざわゆきち) 「学問のすすめ」の中で、私にとって最も印象に残る文章は、「一国の暴政は、必ずしも暴君暴吏の所為のみに非ず、その実は人民の無智をもって自ら招く禍なり」である。 つまり、「国がよろしくない政治を行う原因は国民が無知だからであり、一人の権力者や政治家のせいではない」と福沢諭吉は言っているのだ。 今の世の報道のスタンスから考えると、かなり衝撃的な一文である。 この一文に限らず、「学問のすすめ」から発せられるメッセージは、「人は自立せよ、学べ」というものだ。「一人一人が己の足で立ち歩く強さを自力で身に付けなければ、他に翻弄されるのもやむを得ない。それは己の責任である」と。

記事を見る

いのくり Profile
いの べいた
猪突猛進ならぬ、あちこちキョロキョロ好奇心旺盛で沢山の引き出しを持っている、クリエイティブないのしし。

くり えいと
固定観念にとらわれず、硬い殻を破るのはお手のもの。新しいことが大好きなイノベーティブなくり。

経営変革を実現します

お客様がその先のお客様に選ばれ続けるために、ジェックは「共創型コンサルティング」でご支援します。
メールマガジン購読・お問い合わせはこちらから。