答えなき時代こそメタ認知することの重要性

答え無き時代こそ「メタ認知」することの重要性 ~自律型人材づくりとメタ認知~


はじめに

昨今、私たちを取り巻く市場はますます複雑化し、飽和状態である。

何をどのようにすれば、お客様から選ばれ続けるのかという答えが無い時代である。だからこそ、需要を創造しようとする変革とアプローチが大切である。

需要を創造するには、従来どおりの自らのあり方を時には否定し、自分に向き合いながら変革することが求められる。

そのような一人ひとりの変革が、相乗効果を出している組織は強く、たくましい。

そのアプローチの成功のカギは「行動理論の改革」である。


◆参考

「行動理論」「メタ認知」について

変わり続けることができる社員づくり



このシリーズでは、皆さまからいただいた質問にお答えする形で一緒に深めていきたいと思います。


​​​​​​​Q 自律型人材づくりとメタ認知はどのような関係がありますか。


A グローバル化が進む中、企業を取り巻く環境変化が激しい状況において、「自ら課題を発見し、主体的に解決していく能力を持っている人材(自律型人材)」の育成を、経営の最重要課題として取り上げている経営者の方々が近年増えているようです。


実際、過去に多かった単なる知識やテクニックを習得させるアビリティ研修だけでなく、現場の仕事で実践できる問題解決力(コンピタンス)を強化させることが、自律型人材づくりに不可欠であることは周知のとおりです。他にも顧客戦略創出力やビジョシ設定力、目標統合力、OJT指導力など自律型人材に欠かせない能力要件を具体的に取り上げ、長期的に人材育成に投資しているお客様もいらっしゃいます。


「メタ認知」とは自分の行動を支配する価値観(行動理論)まで掘り下げて客観的に分析することで、同じ成功(成果)を継続実施させ、同じ失敗を改善させるものです。


例えば、自部門の問題解決会議や顧客戦略創出会議を行う際に、メタ認知が働かないと行き詰まってしまいがちです。しかし、メタ認知を通して客観的に自己分析できれば、新しい切り口で問題解決や顧客創出戦略を考え直すことが容易にできます。


特に、メタ認知は「考える」だけではなく「書く」ことによって、より客観的に自分の価値観(行動論理)の観察と修正がしやすくなります。例えば、問題解決では他律要因ではなく自律要因で原因分析し直したり、顧客創出戦略では自社都合のプロダクトアウト発想から市場起点のマーケットアウト発想への切り替えによって新しい提案の切り口が見えてくる確率が高くなります。


AmazonKindle

(Amazon KIndleサイトに移ります)

徐 民教 Seo Mingyo

徐 民教 Seo Mingyo

株式会社ジェック  韓国大邱広域市生まれ 生活用品専門商社を経て、2006年ジェック入社、コンサルタントとなる ■お役立ちコンセプト 「社内外でお役立ちできる喜びを自らつくり出せる自律型人財づくり」と「市場貢献に向けて結束してチャレンジできる組織風土革新」のご支援を通じてお客様の持続的発展に貢献することが私の働き甲斐です。
いのくり Profile
いの べいた
猪突猛進ならぬ、あちこちキョロキョロ好奇心旺盛で沢山の引き出しを持っている、クリエイティブないのしし。

くり えいと
固定観念にとらわれず、硬い殻を破るのはお手のもの。新しいことが大好きなイノベーティブなくり。

経営変革を実現します

お客様がその先のお客様に選ばれ続けるために、ジェックは「共創型コンサルティング」でご支援します。
メールマガジン配信希望・お問い合わせはこちらから。