catch-img

答え無き時代こそ「メタ認知」することの重要性 ~メタ認知って難しそう?~


はじめに

昨今、私たちを取り巻く市場はますます複雑化し、飽和状態である。

何をどのようにすれば、お客様から選ばれ続けるのかという答えが無い時代である。だからこそ、需要を創造しようとする変革とアプローチが大切である。

需要を創造するには、従来どおりの自らのあり方を時には否定し、自分に向き合いながら変革することが求められる。

そのような一人ひとりの変革が、相乗効果を出している組織は強く、たくましい。

そのアプローチの成功のカギは「行動理論の改革」である。


◆参考

「行動理論」「メタ認知」について

変わり続けることができる社員づくり



このシリーズでは、皆さまからいただいた質問にお答えする形で一緒に深めていきたいと思います。


Q「メタ認知」って難しそうですが、実務では、どのように実行すればよいでしょうか。


A メタ認知とは、「自分を客観的に振り返って自分の考え方と行動を修正していくことで、自律的成長を促進するプロセス」のことです。


誰もが今までメタ認知を経験したことがあるはずです。特に物事がうまくいかないときこそ、メタ認知のチャンスです。


例えば、会議などの場で自分の意見に対していろいろと反論してくる人がいると、その瞬間は頭にきますよね。しかし、「なぜあの人は自分の意見に反対したのだろう。きっと素直に受け入れられない誤解や不安があるのだろう。これからは怒ったり無視したりせずに、反論の理由を丁寧に聞いてみよう」と考え、冷静な対応をして、結果的にうまくいった経験はありませんか。


同じ原理の応用として、ジェックの営業研修では、「お客様からの反対を歓迎してこそ、反対の奥にある個別事情を聴き出せて、お客様ならではの提案ができるチャンス」という行動理論をお伝えし、現場に持ち帰って実行していただいています。


ところで、皆さんは上司からの指導や研修で学んだことを現場で実践しようとしても、慣れていないために思うようにうまくいかないことの方が多いのではないでしょうか。その時に「どうせ自分には大した能力がない」とか、「研修と現場は違う」といった間違った行動理論に基づいた反省をしてしまうこともありますよね。しかし、そのような間違った反省こそが、成長を阻害してしまうことになるのです。


だからこそ、「単に反省さえすれば成長する」のではなく、「正しいメタ認知をしてこそ、人は成長する」という行動理論が不可欠なのです。


つまり、メタ認知を実務で実行するポイントは、正しい行動理論で自分の言動を振り返るということです。それこそが、「反省的実践家」としての成長の鍵なのです。



AmazonKindle

(Amazon KIndleサイトに移ります)

徐 民教 Seo Mingyo

徐 民教 Seo Mingyo

株式会社ジェック 取締役 韓国大邱広域市生まれ 生活用品専門商社を経て、2006年ジェック入社、コンサルタントとなる ■お役立ちコンセプト 「社内外でお役立ちできる喜びを自らつくり出せる自律型人財づくり」と「市場貢献に向けて結束してチャレンジできる組織風土革新」のご支援を通じてお客様の持続的発展に貢献することが私の働き甲斐です。
いのくり Profile
いの べいた
猪突猛進ならぬ、あちこちキョロキョロ好奇心旺盛で沢山の引き出しを持っている、クリエイティブないのしし。

くり えいと
固定観念にとらわれず、硬い殻を破るのはお手のもの。新しいことが大好きなイノベーティブなくり。

経営変革を実現します

お客様がその先のお客様に選ばれ続けるために、ジェックは「共創型コンサルティング」でご支援します。
メールマガジン購読・お問い合わせはこちらから。