catch-img

仕事のコントロールは自分次第か?

先日、ある企業様でタイムマネジメントコースが実施された。

生産性の向上(業務の効率化や、残業を減らす)といったことを期待しての実施でした。


このように、業務の効率化への取り組みに、着手されている企業様は少なくありません。



コースの中で参加された皆さんからこのような意見があがりました。


■タイムマネジメントのために意識して取り組んでいること


(仕事をしながら)進捗度合いを記録する

仕事の準備と完了したときの振り返りの時間をとる

スケジュール帳やタイムテーブルを事前につくる

終わりの時間を設定する


■問題点や悩み


予定外に仕事がはいってくる

仕事の優先順位や見通しがつけられない

複数の仕事を同時に行っている

やらない仕事を決められない

自分だけでなくチーム全体の仕事があるので調整しにくい


これらの意見を見ていると、単純に、生産性をあげて残業を減らす、働き方改革のため、創造業務にシフトするため、というそもそもの動機に立ちふさがる様々な障害が感じられます。


そのような中で、タイムマネジメントに関する課題の認識合わせと、時間活用シートの業務分析(緊急度と重要度)、自身の役割認識、グループワークと共有を行ないました。


それを通じて、自身の価値観の振り返りや所属している企業の方針・戦略と日常業務の連鎖、部門間連携、人を育てるマネジメントなどの課題に自ずと目が向いていきます。


つまり、きっかけの行動に移ったところで、ここからが本番です。

ほとんどの場合、人は一人では仕事ができません。

関わる人達との課題解決なくして問題は解決しないとも言えます。


                                        (たま)


  タイムマネジメントコース タイムマネジメントコース~ 現場の生産性を向上させるために ~ タイムマネジメントは、単に業務の優先度・緊急度をつけて、業務を効果効率的に進めるやり方を学ぶだけではありません。 会社の方針・戦略に基づいて、「今、何が求められているのか」をベースに業務を分析し、業務を構築することです。 それを一人ひとりが行い、作業を通じて他者や他部門の価値観を共有することで、さらに現場の生産性向上につながります。 株式会社ジェック





たま

たま

【好きな言葉】意識が行動をつくり、行動が習慣をつくり、習慣が人格をつくり、人格が運命をつくる 【思っていること】人は、いつでも合理的で、正しい行動が選択できるとは限らない。 「正しい」という概念も変化していくかもしれない時代 自分自身の価値観を見つめ、ぶれずに自分の軸を確立し、しなやかに事実を受け止めながら一歩一歩前に進むしかない。

経営変革を実現します

お客様がその先のお客様に選ばれ続けるために、ジェックは「共創型コンサルティング」でご支援します。
メールマガジン購読・お問い合わせはこちらから。