catch-img

問題の根底には組織風土

企業の問題の根底に「組織風土」あり。見えない「組織風土」が暗黙のルールをつくりだす。日々の発言や行動が「組織風土」をつくりだす。


ある銀行の「またか」と思わせるようなシステム障害の連続。


その調査報告書では、「組織風土」に関して以下のようなことが記載されていた。


・自らの持ち場を越えた積極的・自発的な行動によって問題を解決する姿勢が弱い場面がみられた。

・障害の内容や顧客への影響の全容が明確ではない時点での発言を、リスクがあるものとして控えていた状況もあった。


その背景には、役職員が積極的な姿勢に欠ける要因としては、積極的に声を上げて責任問題となるリスクよりも、持ち場でやれることはやっていたといえる行動をとる方が、組織内で合理的な選択肢となる組織風土を指摘している。




巨大な企業でも、小さな組織でも似たり寄ったりの事例は多くあるだろう。



顧客に対する乱暴な応対を注意しない、商品カタログの写真が見方によると差別的だ

が、作成部門に指摘しにくいので目をつむる。

それらが、昨今、大きなクレームやネット炎上のきっかけになることは周知の事実である。


炎上したあとで

「だから、あの時、思ったんだけどなぁ…。」

「知らなかった。報告が上がってこないから。」とそれぞれこっそり思う。




「組織風土は長い間かかって醸成されるものだ。」という趣旨のトップの発言があった。


だから、先を見て良い組織風土を創り出そうという意味なのか。

ある意味過去の事象の蓄積なので仕方がないという意味なのか。


前者であるのだろうが、その発言がすでに組織風土に影響している。




何かとトップに問題あるよねー と言うのは易しい。

組織の一員としての発言や行動が「組織風土」を ”今現在” つくりだしている。


                                        (たま)


たま

たま

【好きな言葉】意識が行動をつくり、行動が習慣をつくり、習慣が人格をつくり、人格が運命をつくる 【思っていること】人は、いつでも合理的で、正しい行動が選択できるとは限らない。 「正しい」という概念も変化していくかもしれない時代 自分自身の価値観を見つめ、ぶれずに自分の軸を確立し、しなやかに事実を受け止めながら一歩一歩前に進むしかない。

経営変革を実現します

お客様がその先のお客様に選ばれ続けるために、ジェックは「共創型コンサルティング」でご支援します。
メールマガジン購読・お問い合わせはこちらから。