catch-img

そろそろ新入社員がやってくる!

答えのない時代 

新人は「育てる」のではなく、「自ら育つ」という視点で考えてみた。

入社したばかりの新人に役割を与える?


以前に、「新人育成」に関する社内研修で「新人の役割は何か?」と問われたことが

​​​​​​​ある。

答えに窮していると、講師の大声が飛んできた。

「大きな声で明るい挨拶をさせる。すると、職場の雰囲気が明るくなり活性化する。

それで最初は十分だ。」

驚きとともに、妙に納得する。


私の社内の指導名人は、小さなこと(やって当然のこと、少々背伸びすればできるこ

と)を新人の日常業務とし、やればできるという前提で大らかに新人を見守る。

それを通じて、新人はその分野ではちょっとしたNO.1になる。

すると、周囲が何も言わなくても自ら工夫をし、先輩に対して指導するほどになる。

先輩も後輩に指導され、「あれっ。確かにそうだよな。」と新鮮な気づきにつなが

る。


どちらの話も、誰でもその時にできる役割を発揮できるということだ。

企業が置かれていた長い歴史や背景もあり、私たちは「新人育成」に対して、

「新人は周囲が育成するもの。してあげるもの。」という固定された価値観がしみつ

いていないだろうか?


自らが答えを創り出す人材(新人)が必要


新人であっても、答えのない時代に、自らの役割ややるべきことを想像(創造)しな

がら答えを創り出すことが必要だ。

それを周囲が応援し、時には先輩たちも学ばせてもらいながら組織全体が学びにつな

げていく。

そういう人材や組織がこれからますます必要になるだろう。


だからこそ、”数日の新人研修“でよく見られる以下のような力が活かされる。

「短期間で吸収し、修正していく力」

「お互いに励まし、協力しあいながら推進する力」

「自己承認欲求が満たされる居場所を見つける力」


そして、自らが必要と思うことを学び、実践していくことが自らの幅を広げていくこ

とに気づいていく。

私たちは、その場をしのぐための自分や他者から一方的に押し付けられた事(知識や

考え)は、業務上必須の内容でない限りメッキのようにはがれてしまうことは、十分

経験済みではないだろうか。


(たま)



経営変革を実現します

お客様がその先のお客様に選ばれ続けるために、ジェックは「共創型コンサルティング」でご支援します。
メールマガジン購読・お問い合わせはこちらから。