診断

取扱商品・サービスはこちら

診断


ジェックがコンサルティングや研修に意識診断や行動チェックを取り入れ、現状把握や成果測定をしはじめた歴史は古く、さかのぼること1976年より開始しています。
当時は、「新入社員 企業人としての意識調査」からのスタートでしたが、現在はさまざまなサービスを行っています。

現代では人財育成や組織開発を行う上で、現状把握や成果測定の“見える化”をすることは、当たり前のこととなってきました。
長年の実績とノウハウを活かし、これからもより成果に結びつきやすい考え方と行動の定着についてご支援をいたします。



■ ジェック診断の特長 ■


  1. お取組み前に、貴社担当が丁寧にヒアリングし、貴社の真の課題を浮かび上がらせ解決のための、最適なコンサルティングプログラムを共創します。
  2. 現状の意識傾向を客観的に知ることができるため、自己の意識変革と行動の強化に効果的に取り組むことができます。
  3. 現場実践をした後、再診断をすることで、成長の確認をすることができ、成果測定に活用できます。



取扱商品・サービス


組織開発 ご支援サービス




 













日々のマネジメントの積み重ねによって培われる組織文化。
社員一人ひとりの中に根付き、全員が共有する組織独自の価値観は、企業の業績やパフォーマンス、経営ビジョン実現に大きな影響を及ぼします。

半世紀にわたって企業の集団性格革新を実践してきたジェックでは、この度、慶應義塾大学大学院 SDM研究科と共同で組織文化診断プログラムを開発。
今までのノウハウを活用しながら、新たな組織文化を醸成する本格的な打ち手をご提供いたします。














「市場へのお役立ちに向かって結束してチャレンジし、新たな価値を創造し続ける」ことに最上位の価値を置く風土・社風こそが、目指すべき組織文化です。

「お役立ち」「挑戦」「協調」という3軸と共通基盤に関する89問のアンケート調査を行い、組織の持つ特徴を明確化します。

3つの価値観がすべて強いと、企業の持続的成長を実現しやすい組織文化と言えます。















































 アンケート調査 
 社員が共有する「当たり前」という価値観を可視化・分析

 インタビュー
 コンサルタントが対面で組織文化の強みや課題を把握

 報告・活用
 組織文化向上のための最も効果的な打ち手を共創













お客様事例














人材開発 ご支援サービス



■ ジェック診断の特長 ■

コースと意識診断の組み合わせで、成果に結びつきやすい考え方と行動が定着します。


コースと連動した意識診断 
コース内容と連動した意識診断のため、現状把握や成果測定に最適です。

コース前診断で現状把握
受講前の状態を把握できます。コース前診断はメタ認知を促進するコース教材として活用します。

コース後診断で成果測定
コース後、現場実践をした後、再診断をします。その後の成果測定として、また組織としての傾向変化も分かります。

定期診断
定期的に診断していただくことで、変化を客観的に知ることができます。

組織分析
個人の意識診断として活用いただくだけでなく、組織としての傾向も分かります。


 

■ 商談意識レベル診断 ■

個別提案型商談を行う際に必要な意識について、自身の現状を把握し、成長課題を見つけることができます。


■ サービスエンジニア診断 ■

サービスエンジニアが「ファン客創造」=「お客様成果の向上」の実践のために必要な意識について、自身の現状を把握し成長課題を見つけることができます。


■ リーダーの基礎意識診断 ■

需要創造の時代におけるリーダーとしての基礎意識を測り、今後の成長課題を見つけることができます。


■ メンバー育成意識診断 ■

リーダーを務めるにあたって欠かせないOJT指導の意識傾向を測り、今後の成長課題を見つけることができます。



調査報告

ジェックでは毎年、各種調査報告を発表しています。


 









                                        
      新入社員「企業人としての意識」   「サービスエンジニアとしての意識」
               調査報告2017         調査報告2015


   

お問合せ・ご相談はこちら

  E-mail: survey@jecc-net.co.jp
 
 
 


 



 
ページトップ