『行動人』創刊の目的

創刊第1号タブロイド版『行動人』
創刊第1号タブロイド版『行動人』
 

「企業の成功、不成功の要点は、経営者、管理者、第一線の人々のすべての行動理論の
善し悪しに源を発すると考えます。
この行動理論の改革こそ、当社の担う使命として全力を尽くす課題と確信しております。
この行動理論の改革運動を促進するものとして、この機関誌『行動人』を創刊したわけであります。
本誌が広く産業界に受け入れられ、小さな波紋も、広く社会全体に広がって多くの人々に
“幸福”を呼び込んでほしいのです」
                     『行動人』創刊第1号(1972年2月1日発行)の冒頭
                     「創刊にあたって 行動理論の改革へ」より抜粋


 



『行動人』の精神

『行動人』冊子化第1号1975年4月号表紙

『行動人』冊子化第1号

私たちは、何のために生きているのでしょうか。
哲学的な難しいことを抜きにして考えれば、
一言で表現すると「幸せになるため」と言えるのではないでしょうか。
幸せになるためには何が必要なのでしょうか。
数え挙げればきりがないでしょうが、
最も大切なものを一つ挙げるとすれば、「自分自身の成長」ということに集約されるものだと思います。
パスツールは、「チャンスは鍛えられた心にのみ恵みをもたらす」と言いましたが、まさに「成長なくして幸せなし」です。
「成長」ということを、もう少し具体的に表現すると「学び適応する行動人になる」と、言えるでしょう。
このような人を、ジェックでは「ま・な・び・す・と」と名付けました。
「ま・な・び・す・と」を応援し続けることが、ジェックと『行動人』の使命です。
何かを学び、それを適応させ成果に結び付ける。
それが「成長」を促し、生きるエネルギーとなり、
「生きがい」につながる・・・、
それが自分と周りに幸せをもたらす「喜びの元素」。
『行動人』をそんなきっかけにしていただければと念願しています。
                                                           『行動人』冊子化第1号
                                                           1975年4月号表紙


 


ページトップ